医学部を受験するなら個別指導の塾に行こう

ウーマン

独自性の強い中学高校

名大附は徹底した少人数制であり、先進的・国際的な学びができると評判の中学校・高等学校です。大学受験よりも人間教育を重視しており、研究やディベート、発表などの授業が多いことが特徴です。そして、入試においてもそれが反映されており、文章力やコミュニケーション能力が試される内容になっています。

不安をなくすための選択

ウーマンと生徒

差を付ける必要がある

難関である医学部を受験するために勉強をしたいと考えて個別指導を選ぶケースは少なくありません。受験産業が広く展開されているのが医学部志望の現役生や浪人生への対応ですが、予備校や塾での大人数教育だけでなく、個別に教師がついて行う指導もよく行われるようになりました。どちらを選んで受験勉強をするのが良いかは賛否両論がありますが、個別指導のメリットに着目するケースが増えてきているのが現状です。医者になりたいという気持ちから医学部を志望する人は毎年多く、激戦区になっているのが事実でしょう。その競争に勝ち抜くためには他の人に差を付けなければなりません。大手の予備校や塾での大人数教育を受けていると、皆が同じ内容を勉強しているので差ができることはあまりないでしょう。ただ通っているだけでは他の人と同じになってしまうため、自分でそれ以外に十分に勉強をしなければ合格できないのではないかという不安を抱くことになってしまいます。しかし、個別指導の場合には一人一人の長所を伸ばし、短所を補う形で教育が行われるため、個々に行われる指導内容に違いがあるのが特徴です。そのため、医学部受験を考えている他の人たちと違う勉強をすることができて差を付けることができるようになります。個別指導を受けるメリットは大人数で誰もが同じ教育を受けているという状況から脱却し、自分しか行っていない勉強をしたという実感を持って本番に向かうことができる点です。